Blog

ジーンズを育てる!?ジーンズのリペア(修理)

最近、リフォーム部に多い依頼が、「ジーンズのリペア」です。

 

聞きなれない言葉かもしれませんが、

破れたりすり切れたりしたジーンズを修理・補強することです。

例えば、ヒザに空いた穴を目立たないようにふさいだり、

お尻部分の布が弱くなって、すり切れそうなところを補強したり…。

 

最近では、破れてもすぐに捨てるのではなく、

むしろその風合いを楽しんで、育てるようにジーンズを着ていらっしゃる方も多いですよね。

現にもめん畑では、同じジーンズを、穴が増えるたびリペア依頼される方もいらっしゃいます。

 

さて、ではどんなふうにリペアされるのかご覧ください!

今回は、リペア完了後の写真をいくつかご紹介します。

 

 



裏から布を当て、生地の目に沿ってミシンステッチをかけていく、というのが基本の方法です。

こちら↓は膝がパックリと裂けていたことろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら↓のように、ご希望があれば

ランダムにミシンステッチをかけることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインになってかっこいいですよね!

 

リペアしたところを裏から見たところ。

裏から布を貼り、上からステッチをかけています。

穴だけをふさいだのでは、履いているうちにまた周囲が裂けてくることがあります。

なので、弱っていることろ全体に裏から布をあてるようにしています。

 




ビフォーやリペア行程を撮ってればよかったな~!

次の機会には、リフォーム部のリペアの様子を取材してきたいと思いますのでお楽しみに★

 

 

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply